健康保険ガイド

病気や怪我をしたとき

※業務上・通勤災害は除きます

療養の給付・家族療養費

健康保険を扱っている病院・診療所(保険医療機関)や保険薬局に被保険者証(70歳以上は併せて高齢受給者証)を提示すれば、必要な医療(調剤)をうけられます。
このとき、下表のとおり、かかった医療費等の定率を一部負担金・自己負担額として支払います。

義務教育就学前 義務教育就学後〜70歳未満 70歳以上
現役並み所得者 その他
2割 3割 3割 1割*

*平成20年4月からの2割への引き上げは凍結(1年ずつ延長)されています。

保険医療機関に被保険者証(70歳以上は併せて高齢受給者証)を提示してください。
保険薬局には被保険者証(70歳以上は併せて高齢受給者証)及び処方箋を提出してください。

入院時食事療養費 ・ 入院時生活療養費

入院時、上記の給付に加えて給付されます。
入院時の食事の費用は、食事療養標準負担額(1食260円、低所得者については軽減)を除いた部分が入院時生活療養費として現物給付されます。
また、療養病床に入院する65歳以上の人には、生活療養標準負担額(1日320円+1食460円、低所得者は軽減)を除いた部分が入院時生活療養費として現物給付されます。

保険医療機関に被保険者証を提示してください。

訪問看護療養費 ・ 家族訪問看護療養費

在宅療養の難病患者等が、訪問看護ステーションの訪問看護をうけたときは、その費用が(家族)訪問看護療養費として現物給付されます。
基本利用料(負担割合は上表と同様)を負担します。

訪問看護ステーションに被保険者証を提示するとともに医師が交付した訪問看護指示書を提出してください。

療養費

※被扶養者については家族療養費として給付されます。

やむを得ず非保険医にかかったり、被保険者証を提示できないとき、国外で医療を受けた時などは、保険者が承認すれば、健康保険の標準料金から一部負担相当を除いた額が払い戻されます。

 

療養費支給申請書を提出してください。

移送費・家族移送費

必要な医療を受けるため緊急に移送されたときは、保険者が認めた範囲の実費が払い戻されます。

 

移送費(家族移送費)支給申請書に医師の意見書と交通費の領収書を添えて提出してください。

高額療養費/高額介護合算療養費

1ヶ月の自己負担額が自己負担限度額を超えたとき、請求により超えた分が払い戻されます(低所得者は負担軽減)。
また、同一世帯で健康保険と介護保険の一年間の事故負担額の合計が別に設定された限度額を超える場合も払い戻しが行われます。

 

高額療養費支給申請書を提出してください。
介護との合算の場合は高額介護合算療養費の支給申請書に介護保険の負担額証明書を添付して提出してください。

※限度額適用認定証(事前に限度額適用認定申請が必要)または高齢受給者証を保険医療機関に提出していただくと、1保険医療機関あたりの窓口負担は自己負担限度額までとなります。

注意

  • 健康保険の給付を受ける権利は、2年間の時効で消滅します。
  • 詳細や申請書は各事業所の健保担当部署にお問い合わせください。