健康保険ガイド

出産したとき

出産育児一時金・家族出産育児一時金

出産したときは、1児ごとに420,000円(産科医療補償制度に加入していない医療機関等の場合は404,000円)を限度に、直接保険医療機関等に支払われます。出産後に実際の出産費用との差額を精算します。(直接支払制度)。

保険医療機関等に被保険者証等を提示してください。
直接支払制度を利用しない場合は、医師等の証明を受けた(家族)出産育児一時金支給申請書を提出してください。

出産手当金

女性被保険者(任意継続被保険者を除く)が、出産のため労務に服さず給料(報酬)が受けられないときは、休業補償として「出産手当金」が受けられます。
支給期間は、出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産予定日)以前42日目(多胎妊娠は96日目)から、出産後56日までを期限とした休んだ日数分です。
支給額は1日につき標準報酬日額の3分の2相当額です。

給与支払有無の事業主証明と医師(または助産婦)の証明を受けた出産手当金請求書を提出してください。

注意

  • 健康保険の給付を受ける権利は、2年間の時効で消滅します。
  • 詳細や申請書は各事業所の健保担当部署にお問い合わせください。